保湿 ジェル ランキング

保湿ジェルランキング最新情報

保湿ジェル

季節の変わり目になると、肌の乾燥が気になって、保湿しなきゃって思いますよね。

 

美容液やクリームをいくつも重ねて塗ることももちろん効果はありますが、今注目を集めているオールインワンタイプなら、1つで化粧水・美容液・クリームの役割を果たすものが多いので、あっという間の手間で保湿スキンケアができます。

 

また今売れているオールインワンジェルには、基礎のスキンケアに加えて、美白ケアもできるものがあるのをご存知ですか?

 

さっと塗るだけで保湿だけじゃなくて美白もできる、そんな美白オールインワンジェルのご紹介です。

 

手軽にコスパ最強のオールインワンジェル選びの参考にしてください。

シミウスジェルの特徴

  • 安心の日本製
  • 医薬部外品
  • モンドセレックション銀賞受賞
  • 1つ10役(化粧下地・美白・化粧水・乳液・アイクリーム・保湿・美容液・マッサージ・クリーム・パック)
  • 薬用美白成分プラセンタが高濃度配合
  • 一度に「保湿」と「美白」ケア
  • 天然由来エキス配合
  • 日本で唯一のダブルクリスタル製法
  • リピート率93.9%

価格 4,743円
評価 評価5
備考 お試しコースの詳細
定価の20%OFF 3,795円
ずっと送料無料
30日間返金保証(使い切っても大丈夫!)
マスクパック3枚セットプレゼント中
いつでもキャンセル・解約可能
シミウスジェルの総評

シミウスジェルはSNSの広告でもおなじみの今売れている保湿と美白の両方をケアすることができるオールインワンジェルです。

豊富なコラーゲンが肌の奥まで潤いを届けてプリプリの肌に、そしてプラセンタエキスがシミ対策の役割をしっかりと果たしてくれます。

その実力は医学雑誌にも掲載されているほど本格的です。

シミウスジェルを購入すると、美容専門家の推奨する顔マッサージの方法を写真入りで解説しているパンフレットが一緒に届きます。

そのとおりに簡単な顔マッサージを朝晩続けていると、肌のターンオーバーが促進されて、肌の奥からシミの元となるメラニンが外へと排出されます。

顔マッサージを丁寧繰り返していると、どんどん美肌になる…それがシミウスジェルが人気を集めている理由です。

お試しコースで購入すると定価の20%OFになり、また万が一お肌に合わないときでも30日間返金保証、そして解約金なしでいつでもキャンセル・解約可能なので安心して注文できます。

11471

シズカゲルの特徴

  • 医薬部外品
  • 1つ5役(化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック)
  • 独自成分フラバンジェノール(医学誌に掲載された実力のある美容成分)
  • 無添加(7つのフリー…界面活性剤・パラベン・アルコール・合成香料・合成着色料・鉱物油・シリコーンを使っていません)
  • モニター参加者100%が使い続けたいと回答

価格 4,980円
評価 評価4
備考 お試し便の詳細
ずっと40%OFF 2,980円
送料無料
30日間全額返金保証
いつでもお届け日の変更・予約の解約可能
シズカゲルの総評

シズカゲルは通信販売でだけ商品展開されているオールインワンジェルです。ですから今回初めて見たなぁっていう方も多いと思います。

通販限定販売なので、流通コストやムダな宣伝費がかかっていません。

ですから商品の価格を抑えることができて、商品開発に力を入れることができます。

その結果、同じような価格のオールインワンジェルよりも品質がよいと評価が集まっています。

モニター調査結果では参加された女性全員の100%の方がこれからもシズカジェルを使い続けたいと回答されているのも納得ですよね。

3933

ピュアメイジングの特徴

  • 医薬部外品
  • 5つの無添加(着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベン・エタノールオールフリー)
  • 1つ6役(化粧水・美容液・乳液・クリーム・下地・パック)
  • 1つで6つの効果(シミ・乾燥肌・敏感肌・肌荒れ・大人ニキビ・ハリ)
  • 美容成分99%

価格 4,996円
評価 評価3
備考 定期便の詳細
初回限定60%OFF 1,998円
2回目以降20%OFF 3,997円
送料無料
30日間返金保証
特別特典:ピュアメイジングお手入れガイド
3回以上の継続のお約束
ピュアメイジングの総評

ピュアメイジングは美容成分99%の医薬部外品オールインワンジェルです。

その美容成分は美白効果をもたらす紫根エキス・プルーンエキス・プラセンタ・アーティチョーク葉エキス、やエイジングケアに最適なカモミラエキス、水分の蒸発を防ぐスクワラン、保湿成分のコラーゲンやヒアルロン酸など盛りだくさんです。

それらがひとつに入っているオールインワンなので、朝晩に塗るだけで簡単にスキンケアができます。

肌に刺激を与える添加物類が入っていない無添加であることも人気の秘密です。

保湿ジェル一番のおすすめは第1位のシミウスジェル

保湿ジェル

保湿ジェル3つをご紹介しましたが、この中でのイチオシジェルはやっぱり第1位のシミウスジェルです。

 

シミウスジェルは1つで10役(化粧下地・美白・化粧水・乳液・アイクリーム・保湿・美容液・マッサージ・クリーム・パック)という多機能さが他のジェルに比べても飛び抜けています。

 

また保湿だけじゃなく美白効果も期待できるところがSNSでも人気を集めている理由なので、マルチ効果を求める方には最適なジェルです。

 

医学誌に掲載された実績や日本製であることも安心材料になります。

 

総合判断して第1位になったシミウスジェルなら、保湿しながらの美白ケアが実現します。

 

保湿ジェル

保湿ジェル【やってはダメなことは?】

保湿ジェル

 

1年中、空調管理された場所で過ごす機会の多い私たちの肌は、絶えず肌から水分を奪われやすい環境にさらされています。

 

また、秋~冬にかけては外気まで乾燥するため、肌は更に乾燥が加速する状態に晒されます。

 

肌は乾燥すると、乾燥から守ろうと皮脂を多く分泌して肌の表面に油膜を張り、これ以上潤いを逃さないように努力をします。これは肌が潤っているかのように思わせるのですが、その実態としては油膜の下はカラカラに乾いてしまった肌があるのです。

 

表面はベタベタ、でもなんだか肌に柔軟性が無く小じわもできやすい」と感じたら肌が乾燥してしまっているサイン。

 

この状態を改善してくれるのが保湿ジェルです。保湿ジェルを使う時には「これはダメ」ポイントがあるので、そこには十分に気をつけてくださいね。

 

たくさんつけすぎない

塗れば塗るほど保湿効果が高くなると思い、保湿ジェルをたくさんつけすぎてしまうのはNGです。

 

肌へ一度の浸透させられる水分量などには限界があり、浸透しきれなかったジェル成分は肌の表面に残ってしまいます。

 

保湿ジェル肌の表面に残ったジェルが原因で起こるトラブル

  • ベースメイクの失敗
  • 吹き出物

 

ジェルによって厚い膜ができた状態の肌に化粧下地やファンデーションを塗ると、塗る際に起こる摩擦によってジェルが剥ぎ取られて化粧ムラができやすくなります。

 

また、ジェルの厚い膜で毛穴が塞がれてしまうと、毛穴からの皮脂の排出がうまくいかなくなるだけでなく、毛穴に溜まった皮脂や汚れを餌に菌が繁殖して吹き出物を発生させてしまうことも。

 

保湿ジェルをたくさんつけて、このようなトラブルが発生したことがある方は、つける量を見直してみましょう。使う量については、それぞれのメーカーが推奨している量を参考にするポイントです。

 

手で直接取らない

保湿ジェル

よくやってしまいがちなことですが、保湿ジェルを手で直接取ってしまうことはNGです。

 

瓶入りの保湿ジェルを使用している方のほとんどが、手指を直接突っ込んでジェルをすくい取るといったことをやってしまったことがあるでしょう。

 

私たちの手や指には、目に見えない雑菌がたくさんついています。直接容器の中のジェルに手指を突っ込んでしまうのはジェルに雑菌を広げてしまうことになります。

 

ジェルに入り込んだ雑菌が繁殖すると、不潔になるだけでなく、製品の劣化にもつながります。これを防ぐために、スパチュラを使用しましょう。

 

全ての製品に付属のスパチュラがあるわけではありませんので、もしついていない場合は、代用にコンビニなどでアイスクリームを買った時にもらえるプラスチック製のスプーンをスパチュラとして使いましょう。

 

スパチュラを使った後は、水洗いするか、消毒用アルコール等でジェルを残らず拭き取り、しっかり乾燥させて保管してくださいね。

 

決してこすらない

保湿ジェル

保湿ジェルをつける際に指先でゴシゴシとこすりつけるように塗ってしまうこともNGです。

 

しっかりと塗りたい気持ちはわかりますが、こすることで肌の表面に摩擦が起き、角質が剥がれてしまいます。

 

保湿ジェルを使った方からのマイナスな口コミの中にたびたび現れる「モロモロ」も、これが原因の1つなのです。

 

角質を必要以上に取ることは、更に肌の乾燥を進行させるだけでなく、外的刺激の侵入を防ぐシールドを失うことになりますので、肌のバリア機能低下にもつながります。

 

特に、バリア機能がもともと低下しやすい敏感肌・乾燥肌の方にとっては、こすることが刺激になり、肌の赤みを引き起こすこともありますので注意しましょう。

 

保湿ジェルは、こすりつけなくても保湿成分が肌に浸透するのでくれぐれもこすり過ぎには注意です。


保湿ジェル【これが正しい使い方】

保湿ジェル

保湿ジェルの成分をしっかり肌に浸透させ、誤った塗り方で起こりがちなベタつきやモロモロの発生を防ぐために、正しく使うことを心掛けましょう。

 

スキンケア製品は、製品に含まれている有効成分だけが重要なのではなく、正しく使うことでその効果を発揮できるのです。

 

これから保湿ジェルを使い始める方も、使ってみたけどイマイチだったという方も、正しい使い方ができれば、保湿ジェルの良さをしっかり実感できること間違いなしです。

 

こすらないでしっかり伸ばす

保湿ジェルをつける際にやってはいけないことでも挙げた「こすりつけ」は、保湿ジェルを肌に伸ばす際にもやってしまわないようにしましょう。

 

こすりながらつけることは、肌に刺激を与えたりモロモロを発生させるだけでなく、肌全体に均一にジェルを塗ることができない原因にもなります。

 

スパチュラで適量の保湿ジェルをすくい取ったら、まずは、額・頬・アゴ・鼻それぞれの面積に必要な量を小分けに乗せましょう。

 

額・頬・アゴに乗せたジェルは顔の中心から外の方向へ優しく伸ばし、鼻に乗せたジェルは下の方向へ伸ばします

 

ジェルタイプの製品には適度な厚みがあり、乾きにくいので、急がず優しく丁寧に伸ばしてあげることがポイントです。

 

Tゾーンは控えめに

保湿ジェル

Tゾーンは皮脂の分泌が多く、ベタつきやすい場所です。また、毛穴については顔の他の部分に比べて大きめであるのが特徴です。

 

Tゾーンはベタつきやすいのと同時に乾燥しやすい部分であるので、お手入れが難しいという厄介な場所でもあります。

 

皮脂の分泌が多いということは乾燥している証拠でもあるのですが、保湿の仕方に誤ると、毛穴が大きく開いてしまったり、毛穴が詰まって吹き出物ができてしまいます。かと言って、全く保湿をしないとなると肌が乾燥して、いずれは深いシワを作ってしまう原因にもなります。

 

Tゾーンに塗る量は顔の他の部分に比べて控えめ塗ることがポイントです。

 

ただし、量を控えめにすることでどうしても乾燥が気になる場合は、油分が含まれていない化粧水で肌に水分を与えてから保湿ジェルを薄めに塗りましょう。

 

乾燥が気になるところは重ねる

保湿ジェル

顔には、Tゾーンのようにベタつきやすい部分もあれば、逆にUゾーン(フェイスライン)のように乾燥しやすい部分もあります。

 

Uゾーンは、もともと肌の中にある保湿成分が他の部分に比べて少なく、毛穴も少ない場所となります。

 

乾燥しやすいため、保湿を十分に行なわなければ、乾燥から肌を守ろうと皮脂が大量に分泌されるため、ニキビが発生しやすい場所でもあります。

 

保湿ジェルを一度塗った後、Uゾーンにはジェルを追加して重ね塗りをすることが効果的です。

 

また、目元・口元も乾燥しやすく、小じわができやすい場所ですので、少量を重ね塗りしてあげると良いでしょう。

 

最後は必ずハンドプレス

保湿ジェル

保湿ジェルを塗った後に欠かせないのが、ハンドプレスによる仕上げです。

 

保湿ジェルを塗っても、いまいち肌に潤いを感じられなかったり、ジェルが肌の表面で膜を張ってるだけに感じるという声がありますが、ハンドプレスによる仕上げをしていないのが原因の1つです。

 

このハンドプレスをするかしないかで、ジェルの肌馴染みや効果に格段の差が出ますので、必ず行ないましょう。

 

ハンドプレスとは、その名の通り、手による押し込みという意味で、スキンケア製品を肌に押し込む感じで浸透させる方法です。温かい手のひらで顔全体をゆっくりプレスすることにより、ジェルの浸透を高めるだけでなく、マッサージ効果によって血行を良くし老廃物の排出も促してくれます。

 

保湿ジェルの品質・価格は様々ですが、安い保湿ジェルは浸透力を高めてくれる成分があまり使われていないことが多く、ひと塗りしただけではなかなか浸透しません。

 

しかし、ハンドプレスを行なうことが浸透力を高めるアシストになりますので、安い保湿ジェルだとしてもその効果を十分に発揮させることが期待できます。

 

高価な保湿ジェルでも、ハンドプレスで仕上げることでより効果を高めることができますので、忘れずに行ないましょう。

 

肌にしっかりなじんでからメイクする

保湿ジェル

保湿ジェルを塗った後は、ジェルが肌にしっかりなじんだことを確認してからメイクをしましょう

 

ジェルが肌になじんだかどうかは、手のひらを肌に当てて、離す時に肌が手のひらに吸い付くような感覚があればOKです。

 

保湿ジェルが肌になじみきれていない状態で化粧下地やファンデーションを塗ると、ジェル成分と混ざってヨレや色ムラを起こしたり、モロモロが出てしまいます。

 

忙しい朝は、スキンケアとメイクの時間をできるだけ短縮したい、保湿ジェルがなじむのをそう長く待てないという方は、前項のハンドプレスが時短にも有効です。

 

ハンドプレスすれば、保湿ジェルの浸透力を高めるだけでなく、肌へ浸透させるスピードも上げることができます。

 

小さなひと手間をかけてあげることで、浸透力も高め、メイクの失敗も防いでくれて一石二鳥です。